新築住宅・分譲住宅−高山市(飛騨高山)−ウエダ工務店「住まいのづくりのチェック 屋根・外壁工事」

HOME

商品住宅

注文住宅

分譲住宅

リノベーション・エコリフォーム

あんしんの家づくり

お役立ち

ページトップ

住まいづくりのご案内

家づくりの流れ

建物チェックリスト    
 

01 縄張り・立会い

02 基礎工事・配筋検査

03 建て方工事・木工事

04 屋根・外壁工事

 05 下地・防水工事
  06 断熱材

 

 

   

20 建物引渡し検査

       

木材の基礎知識

構造材チェックシート

木材(無垢材)の強度

 木材(集成材)の強度

建て主が自分で行うチェックリスト   屋根・外壁工事  

木造住宅は、できるだけ早く外部の仕上げを行い、木材を雨水から守る必要があります。上棟後直ちに屋根や外壁の防水紙の施工を行いましょう。 

 チェック項目

チェック内容判定・備考

 外壁通気層は正しく施工されていますか?

 通気シートは正しく施工されていますか?

 ※重ねタテ・ヨコ共90mm以上、タッカー釘@300mm以内 

 に止め付、たるみ・しわが無いように貼付けられていますか。 

  サッシなどの開口部には開口部下枠(窓台)に通気シートが

 □施工良(OK)  □施工不良(NG)

 □未施工(NG □写真

  捨て貼りされていますか?

 ※捨て貼り施工後サッシが取り付けられていますか。

  サッシ・換気扇などの開口部、バルコニー立ち上がり壁の

 □施工良(OK)  □施工不良(NG)

 □未施工(NG □写真

 天端及び外壁取合部、設備による外壁貫通部等には防水 

 テープで雨水の浸入を防ぐ処置が正しく行われていますか? 

 外壁通気層に空気が流れるよう正しく施工されていますか? 

 外壁通気の 流れが阻害されない措置が講じられていますか

 □処置済み(OK) □未処置(NG) □写真

 ※窓・造り付け出窓・バルコニー等の対応。

 水切り措置が正しく施工されていますか?

 土台・下屋との取合部には水切りがもうけられていますか? 

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真

 サッシの上端には水抜き措置がこうじられていますか?

 □施工(OK) □未施工(NG) □写真

 屋根防水紙の施工は正しくおこなわれていますか?

 上棟後、直ちに屋根合板を張り付けアスファルトルーフィング

 □施工済み(OK) □未施工(NG) □写真

  等の防水紙の施工が行われていますか?

 ※迅速な降雨対策措置がおこなわれているか。

 屋根防水紙は設計通りの材料で施工されていますか? 

 □設計通り(OK) □設計外(NO) □写真

  軒先に平行に敷き込み、流れ方向は100mm以上、

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真

  左右は200mm以上重ねて施工されていますか?

 下屋部にて外壁との取合いは、屋根防水紙を規定以上に

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真

  立ち上げられていますか?

 ※屋根防水紙の立ち上げ寸法は250mm以上 かつ 

  雨押さえ上端より50mm以上確保できていますか。

家づくりに失敗しないためにも、後でトラブルが起きない為にもチェツクリストを利用ください。これらのチェックシート項目に対応できない(経験が未熟で施工管理能力がない・丸投げ・パホーマンスだけ・説明が出来ない)業者は考えものです。出来ない業者へ依頼される場合は第三者管理機構チェック(お客さまが直接依頼)を利用してチェックをお願いしてください。 またよく当社のホームページご覧のまじめで誠実な業者の方で経験不足等でわからない方はサポートいたします。