新築住宅・分譲住宅−高山市(飛騨高山)−ウエダ工務店「住まいのづくりのチェック 木工事」

HOME

商品住宅

注文住宅

分譲住宅

リノベーション・エコリフォーム

あんしんの家づくり

お役立ち

ページトップ

住まいづくりのご案内

家づくりの流れ

建物チェックリスト    
 

01 縄張り・立会い

02 基礎工事・配筋検査

03 建て方工事・木工事

04 屋根・外壁工事

 05 下地・防水工事
  06 断熱材

 

 

   

20 建物引渡し検査

       

木材の基礎知識

構造材チェックシート

木材(無垢材)の強度

 木材(集成材)の強度  

建て主が自分で行うチェックリスト  建て方工事 ・木工事  

建築主には解かり難く、業者のレベルが明確にでる木工事(躯体工事)、契約内容と違う材料や構造金物の忘れ・ボルトの締め忘れ・金物の施工精度が悪いなど、 経験が浅い業者・手抜き工事や技術レベルが低い建築会社の場合に問題が多く発生している工事です、十分注意してください

ウエダ工務店は性能評価基準最高等級以上の仕様で建築しています。 耐震設計もしています

チェック項目 

チェック内容判定・備考

プレカット図はチェックされましたか?※事前対応チェック

 木材の仕様は設計通りになっていますか?

 □設計通り(OK) □未チェック(NO)

 各構造材のサイズと配置に問題はないですか?

 □問題なし(OK) □解からない(NG)

 耐力壁を避けて土台 ・梁の継手位置が設けられていますか?

 □避けている(OK) □重なっている(NG)

設計図通りの材料で施工されていますか?

 木材の材種・強度(無垢材集成材)・等級・乾燥材の程度

 □設計通り(OK) □差異あり(NG) □写真

 は設計通りの部材で施工されていますか? 

 構造材に割れ等品質の悪い材料が使われていませんか?

 □問題なし(OK) □使用されている(NG)  □写真

 各構造材のサイズと配置に問題はないですか?

 □問題なし(OK)  □規定外(NG) □写真

 設計図若しくはプレカット図通り施工されていますか

 床合板・面材耐力壁等に使用する合板関係の等級・分類・

 □設計通り(OK)  □差異あり(NG) □写真

 特定建材の種別は設計通りの部材で施工されていますか?

 構造金物は設計通りで認定材が使用されていますか?

 □設計通り(OK)  □差異あり(NG)

 □認定品(OK) □認定外(NG)  □写真

土台・アンカーボルト正しく施工されていますか?

  

 土台は基礎からずれていませんか?

 □良好(OK) □ずれ(NG) □写真

 基準通りの位置にアンカーボルトは施工されていますか?

 □問題なし(OK) □されていない(NG)  □写真

 アンカーボルトは土台・基礎からずれていませんか?

 □良好(OK) □ずれ許容範囲内(NO)

 ※アンカーボルトと土台端までの寸法

 □ずれ許容範囲外(NG) □写真

 アンカーボルトはナットで締め付けネジが3山以上出るように

 □良好(OK) □不良(NG)

 固定されていますか? 

 □インサートナット使用 □写真

 ホールダウン金物は正しく施工されていますか? 

 □良好(OK) □不良(NG) □写真

基礎パッキンは正しく施工されていますか?

 基礎パッキンはアンカーボルト位置に設けられていますか? 

 □有り(OK)  □無し(NG) □写真

 基礎パッキンは土台継ぎ手部に設けられていますか??

 基礎パッキンは柱下に設けられていますか?

 基礎パッキンは1m間隔以内に設けられていますか?

 基礎パッキンは固定していますか? 

 □固定(OK) □不良(NG) □写真

耐力壁は設計通りに設けられていますか?

 耐力壁の位置は設計通りですか?

 □設計通り(OK) □設計外(NG)

 耐力壁の仕様(壁倍率)は設計通りですか?

 □未施工(NG) □写真

耐力壁の接合は基準通りに正しく施工されていますか?  

 筋違い金物は正しく施工されていますか?

 □基準通りの金物(OK) □基準外の金物(NO) 

 ※認定金物で指定された結合具で取り付けられているか。 

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真

 面材耐力壁は正しく施工されていますか? 

 □釘施工良(OK) □釘施工不良(NG)

 ※面材及び受材の留め付け釘等の施工状況。

 □受材施工良(OK) □受材不施工良(NG) □写真

 室内側PBは正しく施工されていますか? 

 □対象外  □対象(下地検査でチェック)

 ※ビス止めする

 土台・梁の継ぎ手は、耐力壁部に設けられていませんか?

 □継ぎ手無し(OK)  □継ぎ手有り(NG) □写真

 ※耐力壁となる位置に、土台や梁の継ぎ手を設けない。 

柱頭・柱脚の金物は基準通りに正しく施工されていますか?  

 各耐力壁を構成する柱と横架材(土台・梁)の接合は基準通

 □基準通りの金物(OK)  □基準外の金物(NO)

 □施工良(OK)  □施工不良(NG) □写真

 り正しく施工されていますか?

 ※認定金物で指定された結合具で取り付けられているか。 

 柱頭・柱脚金物は同一金物で施工されていますか?

 □同一金物(OK) □違う(NG)  □写真

 耐力壁以外の壁を構成する柱と土台・梁の接合は基準通り

 □基準通りの金物(OK) □基準外の金物(NO)

 正しく施工されていますか? 

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真
 

通し柱に取り付く横架材の接合金物は基準通りに正しく施 工されていますか?

 通し柱と土台の接合金物は基準通り正しく

 □基準通りの金物(OK) □基準外の金物(NO)

 施工されていますか?

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真

 通し柱と胴差(床梁)・桁の接合金物は基準通り正しく

 □基準通りの金物(OK) □基準外の金物(NO)

 施工されていますか?

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真

床合板は基準通りに正しく施工されていますか?

 千鳥張りで床合板は施工されていますか?

 □千鳥張り(OK) □一般(NO)  □写真

 床合板の釘は基準通り正しく施工されていますか?

 □基準通り(OK) □基準外(NG)  □写真

 下屋部の水平剛性対応は施工されていますか? 

 □有り(OK) □無し(NG) □写真

 床開口の補強は行われていますか?

 □開口なし(OK) □開口有り 補強施工有り(NO)
 □開口有り 補強施工無し(NG) □写真

火打ち土台・火打梁は規定通り正しく施工されていますか?  

 1階・2階・小屋の火打ち土台は正しく施工されていますか? 

 □施工良(OK) □施工不良(NG)
 □該当外(OK) □写真

 小屋束は短ほぞ差しの上、かすがい両面打ち

 □施工良(OK)  □施工不良(NG) □写真

 又は平金物釘打ちで接合されていますか? 

小屋組みは基準通り正しく施工されていますか?

 棟木・母屋の継ぎ手は小屋束より持ち出し腰掛蟻若しくは  □施工良(OK) □施工不良(NG) 
 鎌継ぎとしN75釘2本打ちで施工されていますか?  □釘未施工(NG) □写真
 垂木の継ぎ手は乱配置とし、母屋上端でそぎ継ぎ  □施工良(OK) □施工不良(NG) 

 釘2本打ちで施工されていますか?

 □釘未施工(NG) □写真

 垂木の止め付けは、桁部はハリケンタイ 若しくは 

 □施工良(OK) □施工不良(NG) 

 ひねり金物でと止め付け母屋にはN75釘で両面を

 □金物未施工(NG) □釘未施工

 斜め打ちで施工されていますか?

 □写真

床組みは基準通り正しく施工されていますか?

 床下の清掃は入念に行われていますか?

 □施工良(OK) □施工不良(NG)  □写真

 大引の継ぎ手は床束より持ち出し相欠き継ぎの上、N75釘

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真

 2本打ち 若しくは腰掛け蟻継ぎで施工されていますか?

 □継ぎ手なし(OK) □釘未施工(NG)

 大引と土台の仕口は、大入れ蟻掛、腰掛け又は乗せ掛けと

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真

 し、いずれもN75釘2本斜め打ちにて施工されていますか? 

 □釘未施工(NG)

 床束は大引と突き付けとし、N75釘斜め打ちの上、平金物釘

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □金物未施工

 打ち若しくは かすがい打ちで施工されていますか?

 □鋼製若しくはプラ束 □釘未施工(NG) □写真

 根太の継ぎ手は、受け材芯で突付け継ぎとし、

 □剛床対象外 □施工良(OK) □施工不良(NG)

 N90釘平打ちで施工されていますか?

 □釘未施工(NG) □写真

 根太の止め突けは、大引に置き渡しとしN75釘2本斜め打ち

 □剛床対象外 □施工良(OK) □施工不良(NG)

 で施工されていますか? 

 □釘未施工(NG) □写真

その他注意点? 

 片筋違いは外壁側(外側)に施工されていますか? 

 □外側(OK) □内側(NG) □写真

 防腐・防蟻処理が設計通り対応されていますか? 

 □施工良(OK) □施工不良(NG) □未施工(NG)
 □写真

 化粧材は、養生が行われていますか?

 

 ※和室真壁仕様の柱等 

 設備配管・配線による構造材の欠損は問題ありませんか?

 □欠損なし(OK) □欠損あり
 □施工良(OK) □施工不良(NG) □写真

家づくりに失敗しないためにも、後でトラブルが起きない為にもチェツクリストを利用ください。これらのチェックシート項目に対応できない(経験が未熟で施工管理能力がない・丸投げ・パホーマンスだけ・説明が出来ない)業者は考えものです。出来ない業者へ依頼される場合は第三者管理機構チェック(お客さまが直接依頼)を利用してチェックをお願いしてください。 またよく当社のホームページご覧のまじめで誠実な業者の方で経験不足等でわからない方はサポートいたします。